jp

UEFA チャンピオンズ・リーグ決勝 バルセロナ対アーセナル ~ 怒れるファイナリスト
May 18, 2006
uefa cl20060518


ティエリー・アンリーは、昨日の試合前、こんなことを語っている。

「欲望と怒りが、私のプレイの源泉だ。人々は怒りを恐れるが、時に人は怒りを表現しなければならない。私は怒りを恐れず、怒りで自分自身をポジティブな方向に持って行く。怒りをこのように統制出来る事は必要であり、怒りが無かったなら、今の私は無いだろう。」

アンリーのこのような哲学は、私が最も共感を覚えるものだ。私自身、既存の下らない音楽商品やテレビ番組に対する怒りが、仕事のモティヴェイションとなってきたし、フットボールに関して世間で垂れ流されている無知蒙昧で間違ったコメントやレッテルに対する怒りが、このページの記事を書くモティヴェイションともなっている。

UEFA チャンピオンズ・リーグ決勝、バルセロナ v. アーセナルに関して、確かに残念だったことはたくさんある。

バルセロナのユニフォームを着て写真に撮られた線審が試合直前に別の審判に交代させられるような、馬鹿なノルウェイ人審判団が、何故かこの最高峰の試合を担当した事。バルセロナの選手達の犯した度重なるファウルに対して警告が与えられなかった事。主審が、オレゲールに対しては指で「これで3度目だぞ」と示しながら1枚目のイエローカードを見せたにも関わらず、エブーエに対しては「1度目」から気前よくカードを出し、アンリーに対しては、ファウルの被害者であるにも関わらず加害者と看做した事。バルセロナの1点目、ラーションがボールに触った時点でエトーはオフサイドだったにも関わらず見逃された事。バルセロナの選手は「女のようにダイヴィングを繰り返した」事。ベレッチによるバルセロナの2点目以降、残り10分以上を、バルセロナは自陣でのパス回しによる時間稼ぎに終始し、フットボールをしようとしなかった事。そして何よりも、18分にレーマンが退場し、アーセナルは70分以上も、10人で戦わなければならなかった事。

しかしながら、この試合に関して語られるべき事は、上のような事では無い。

37分、キャンベルのヘッドによる先制を導いたアンリーのFKは、エブーエのダイヴィングがもたらしたものであり、これも残念な事実のひとつだが、審判の能力の低さによって得た被害と恩恵を天秤にかけながら、この試合を語るべきでは無い。

また、件の退場シーンは、レーマンを必ずしも責められない。レーマンはあのタイミングで飛び出す必要があった。足はボールに向かっていた。エトーが右に躱した為、エトーの足がレーマンの手の位置にきた。この時点で、失点覚悟でファウルを避けるべきなのか、退場覚悟で失点を避けるべきなのか、瞬間的に正しく判断することは、実は難しい。アルゼンチン・リーグ クラウスラ第11節のスーペル・クラシコに於いて、ボカ 0-1 リーベルで迎えた66分、ガジャルドと1対1になったアルゼンチン代表正GK、ボカのアボンダンシエリは、ペナルティ・ボックス外で確信犯的にガジャルドに体当たりして倒し、一発退場となった。1人少ないボカは、しかし、このシーンでの失点を避けたおかげで、89分に同点ゴールを挙げ、引き分けに持ち込む事が出来た。前半18分の時点では、このような判断は、確かに適当では無い。しかし、もしアーセナルがその後、先制点を守り切って勝ったとしたら、多くの人がレーマンに感謝しただろう。全ては結果論なのである。

フットボールをよくわかっていない人は、レーマンを「戦犯」扱いするのだろうけれど、そもそもの問題は、自陣で完全にボールを保有していた流れで、ジウベルトがフレブに出したパスが強過ぎ、高過ぎ、フレブが巧みに胸でトラップしたボールが浮いて、エトーに奪われた事にある。攻撃態勢に入っていたファブレガスがロナウジーニョのチェックに戻るが、間に合わず、キャンベルがロナウジーニョのチェックに引きずり出されようとした瞬間、エトーの飛び出しを許したのだ。ならば、ジウベルトが、このワンプレイで「戦犯」なのか?それとも、再三の決定的シュートを決められず、70分以降には足も止まりがちだったアンリーが責められるべきなのか?語られるべき事は、こんな事では無い。


この試合に関して語られるべき事。それは、11人で戦っていた前半18分までは、アーセナルの攻撃が、「世界最高の攻撃力を持つ」とかいうバルセロナを圧倒していた事であり、10人になってからもアーセナルはその集中を切らさず、素晴らしい守備を持続させた事である。1対1では悉く勝ち、ロナウジーニョやジュリーやエトーにほとんど何もさせなかったアシュリー・コール、エブーエ、トゥーレ等の素晴らしさであり、退場シーン直後、捨て鉢なプレイに陥ろうとしていたエブーエに駆け寄って正しく導いたアンリーのキャプテンシーであり、左サイドを攻め込まれたシーンではバックラインまで守備に駆け戻っていたリュングベリの献身であり、デコやファン・ボメルを易々と翻弄していたファブレガスのテクニックである。

「アーセナルの攻撃的スピードを、バルセロナはファウルで止める事しか出来ず、10人となったアーセナルの守備的瞬発力に対して、バルセロナはオフサイド誤審を含む2得点しか挙げられず、最少得点差で勝つ事しか出来なかった。」これが事実であり、語られるべきこの試合の総括である。

バルセロナが弱いチームだとは言わない。が、アーセナルはバルセロナより優れている。世間で、フットボールをよくわからない人々が両者に対して貼る様々なレッテルは、全て間違っている。

「このような敗戦を受け入れる事は、難しい。」その通りだ。受け入れる必要は無い。敗戦を受け入れず、怒りを胸に、来年、自らが優れている事を、今度は誰にでもはっきりとわかる形で、証明すればよいのだ。我々は「夢をありがとう」なんて言わない。チャンピオンズ・リーグ優勝は、決して「夢」では無い。アーセナルにとって実現可能な、現実的目標である。最悪な状況に苛まれた今シーズンよりも、あとワンステージだけ、上に行けばよいのだから。

アーセナルは、「敗者」では無い。誇り高き、怒れるファイナリストである。